不動産リースバックに関するよくある質問

任意売却を依頼するタイミング(期限)はありますか?

基本的には、裁判所からの入札通知が届くまでです。
ただし、裁判所からの入札通知が届いてから入札まで約1カ月しかないため、入札通知が届く直前では任意売却が間に合わない可能性が大きいです。
そのためにも、裁判所からの通知が届いてからでなく、少しでも早くご相談いただくことにより、いろいろな解決方法を見つけ出すことができます。

任意売却をすると自己破産しないといけないのですか?

いいえ。任意売却と自己破産は全く別物です。
逆に自己破産をしないために任意売却を選択されるお客様が多くいらっしゃいます。

競売も任意売却も、物件を売却した売買代金で借入金の返済をして、返済しきれない分は債権者と別途支払い計画を組んで払い続けなければなりません。 この支払いを免除してもらうのが自己破産です。

自己破産をするかしないかはお客様の選択次第です。
自己破産せずに借入金返済を希望されるのであれば、少しでも残高を少なくしておきたいと思います。そのために競売よりも任意売却のほうが基本的には高く売れ、また借入金の残高も少なくて済むはずですので、競売よりは任意売却をおすすめします。

競売と任意売却(任売)ではどちらが高く売れますか?

基本的には任意売却(任売)です。

競売の場合、入札者(購入希望者)は実際に物件を見学することができず、明け渡し等がスムーズにいくかわからない状態での入札(金額提示)になります。そのため、リスクが高く一般市場よりかなり安く取引されるのが一般的です。

それに比べ任意売却(任売)は、購入希望者への物件案内も可能で現状や今後のことも直接打合せしながら進めることができるため、競売よりは高い金額で売却できることが多いです。
また任意売却の場合、引っ越し費用などを債権者が負担してくれる場合などもあります。

銀行や債権者から任意売却をしてくれる不動産会社を紹介されている。

基本的に、銀行や債権者が紹介してくる不動産会社は銀行や債権者が有利になるような動きをするのが普通です。明け渡し期日や引っ越し代、各費用や様々な条件がお客様側でなく債権者側に偏った内容になってしまう可能性があります。

当社では、お客様からのご依頼で動かせていただきますのでお客様にとって一番有利な条件で交渉を進めていきます。
任意売却をお願いする不動産会社はお客様にてお決めになることをおすすめします。

任意売却にかかる費用はどのくらいですか?

基本的に、任意売却にかかる費用負担はありません。
通常、不動産の売却時にかかる諸経費(抵当権の抹消費用・仲介手数料・管理費・修繕積立金の精算など)を債権者側に負担(売買価格で調整)してもらえるよう当社にて交渉させていただきますので、実質お客様のご負担は0円で任意売却をすることができます。

不動産リースバックに関する記事一覧