不動産の売却でよくある質問

売却を考えた時にまずは何をすればいいですか?

まずは、無料査定をご依頼いただくか無料相談のご予約をいただければ、お客様のご要望に沿ったご提案をさせて頂きます。
まだ要望等がまとまっていないというような場合は、メールまたはお電話でのご相談も受け付けております。

相談料や仲介手数料はいくらですか?

相談料は無料です。売却のご依頼をいただき、売却(売買契約)が完了した場合のみ当社規定の仲介手数料を頂戴させていただきます。

取引額|200万円以下 取引額の5%
取引額|400万円以下 取引額が200万円以下の部分についてはその5%
取引額が200万円を超える部分についてはその4%
取引額|400万円超 取引額が200万円以下の部分に付いてはその5%
取引額が200万円を超え400万以下の部分についてはその4%
取引額が400万円を超える部分についてはその3%
速算法:売買価格×3%+6万円(400万円以上の取引に使用できます)

当社買取にて売却された場合には、仲介手数料は不要です。

査定や相談だけで実際に売却しなくても大丈夫ですか?

はい、大丈夫です。 査定の内容やご相談いただいて売却を考え直されるお客様もたくさんみえます。 ご相談いただきお客様が売却が最適な方法だと思われた時に売却のご依頼をいただければ結構です。
一度査定をしておけば、相場観もつかめ実際に売却するときにも役立つと思いますので、お気軽にご相談ください。

秘密厳守とありますが、本当に情報は守られるのですか?

はい。大丈夫です。 当社には、個人情報保護法と宅地建物取引業法上の守秘義務が課されております。 また当社独自でプライバシーポリシーも作成させていただいておりますのでご安心ください。

査定にはどのくらいの期間がかかりますか?

査定には通常3日から1週間頂いております。 現地調査を含め、できる限り多くのデータから正確な査定金額を算出しております。 お急ぎの場合は、ご相談ください。

急いで売りたい場合はどうしたらいいですか?

事情により早期売却や、周囲の方に知られずに売却したい方には『買取サービス』をご提案しています。
ただし、お持ちの物件の購入希望者を、市場で仲介にて見つける方法ではないため、市場価格より20%程度安くなるのが一般的です。
【メリット】
・不動産会社が買主となりますので、確実かつ早期の売却が可能
・広告活動がなく売却が可能なので秘密が守れます
【デメリット】
・一般の仲介と比較して売却価格が低くなる傾向にあります

参照ページ(不動産の売却・買取)

賃貸中でも売却することはできますか?

はい、可能です。 賃貸借契約の条件をそのまま引き継ぐことを条件として売買いたします。
賃貸物件として売却する場合は、資産価値をどのくらいの収益を生んでいるかによって評価方法が変わってきます。
収益物件の査定は無料査定をご利用ください。

売却する時にどのような諸費用がかかりますか?

契約書に貼付するの収入印紙・仲介手数料・抵当権の抹消費用などの費用が必要です。 売却によって譲渡益が発生するケースでは、所得税等が必要になります。

印紙代(国税) 売買契約書に貼付します
登録費用(国税) 表示変更・抵当権抹消登記の費用です
不動産譲渡所得税(国税) 不動産会社への手数料
住民税(地方税) 不動産を売却した際に売却利益がある場合
仲介手数料 不動産会社への手数料
修理修繕費用 修理・修繕後、引渡をする場合など必要になります
代表者 代表取締役 銅谷 守
建物解体費用 更地で売る場合必要になります
測量・分筆登記費用 境界の確定や土地を切り売りする場合
詳しい諸費用のシミュレーションにつきましては、お気軽にご相談ください。
譲渡所得税の申告や特例(居住用財産売却の特例・空き家売却時の特例)などの申告サポートはありますか?

はい。 当社顧問税理士にて申告の代行をさせていただいています。
知らないと損する、居住用財産売却の特例空き家売却時の特例などお客さの売却に関して利用できる特例等を漏れの内容提案させていただきます。

不動産売却に関する記事一覧